【VGC2017】双龍拘りビートダウン

2017/10/08
双龍拘りビートダウン

PCL2017本戦リーグBブロックで使用 個人2-0
S6WCSルールレーティング最高1796

特別結果が残せたわけではないですが、珍しく自分で組んだ構築なのと、
最後のPCLに取り組んだ記録として。


~経緯~
総合関連の記事でバルドル雨を使いこんでいたことは公開してしまっていたため、
PCLに出るにあたって新しい構築が必要になりました。
強い軸を求めて彷徨っていたところ、当時ハマっていたyoutuberのキヌガワさんが
大会で手助けウインディ+鉢巻神速カイリューを使っているのを放送で見ました。
それと合わせて、前期総合で戦ったナギサさんのブログの記事
(【VGC2017】第9回ぽちゃオフ使用構築 ガブリアスカイリュー )を見て
拘りポケモンで火力を押し付ける動きを軸にすることに決めました。
ナギサさんの構築では、トリックルーム対策枠であるポリゴン2が変更枠と書かれていたので
その枠を検討したところ、ちょうどカントナさんの記事
(【WCS2017 DAY1 5-1】ウインテテフツルギサイクルときどきバルジーナ)が更新されており、
地均しウインディ+弱点保険メタグロスの形でトリルに厚く出られることを知り、それを採用しました。
6体が決まってから、地面の通りが良くガブリアスが地震を打ち辛いことなどが気になり、
採用理由が比較的薄めなカミツルギの枠を検討していましたが、
どうしても他に穴ができると思ったので、前のめりな構築なのもあって立ち回りでどうにかすることにしました。


~個別解説~

技は画像にあるので配分等簡単に。

・カプ・コケコ 臆病CS252B4
唯一の特殊アタッカー、ウインディと並べて手助けマジシャを打つのが
重い相手のガブリアスの処理ルートのひとつになっていました。
守りたい場面もそれなりにあったものの、それ以上に眼鏡の火力に助けられることが多かったです。

・メタグロス 意地っ張りH252A164B60D4S28(上記URLのカントナさんの配分)
このルールのメタグロスはバルドル雨でチョッキ個体を使用していたのみだったのですが、
守れるメタグロスは非常に強かったです。
保険発動後は集中されやすく、そこで守って横で縛りを解除する動きが強力でした。
対トリル、テテフ入りなどに活躍してくれました。

・ウインディ 慎重H140A76B4D236S52(上記URLのカントナさんの配分)
パーティ内で唯一火力に割かれていないクッション枠。
基本的にウインディについてはメタ側に回っていて、使用経験が少なかったのですが
木の実の発動率も高く非常に使いやすい型でした。
メタグロスと並べた時だけでなく、カミツルギのカクトウZやコケコのマジシャ、
カイリューの神速に手助けを重ねるなど、誰とでも強い並びを作れたため
場にいて腐ることがほとんどなかったと思います。

・カミツルギ 陽気AS252H4
メタグロスにコメットパンチを採用していない代わりにスマートホーンを採用しておきました。
一番選出率が低いポケモンではありましたが、対AFKやグロスが出し辛いポリ2入りには出して活躍してくれました。
攻撃的な鋼タイプを2枚採用していることで、状況に合わせてどちらを出すか選択できるのが強みでした。

・ガブリアス 陽気AS252D4
取り巻きに攻撃的な駒を揃えたことで、スイーパーとしての通しやすさが格段に上がっていました。
先発で軽く削って、一回引いて終盤で再度繰り出して一貫させる動きが理想的です。
前述しましたが、味方の地面の通りがかなりいいので、地震を押す時には細心の注意を払っていました。

・カイリュー 意地っ張りAS252H4
地雷枠?
このルールで使うのは初めてで、教え技がないため技範囲や火力に不安がありましたが
予想をはるかに上回る活躍をしてくれました。
レヒレカグヤに通る雷パンチ、ガラガラやウインディへの打点になる滝登りと
サブウェポンが読まれ辛く、通りも良いのが強かったです。
そしてメインの神速ですが、手助け鉢巻神速で相手のコケコを縛るなど、
テテフ入り以外にはかなり強く動かすことができました。
耐性的に繰り出しやすく、特性のおかげで行動回数も確保できて間違いなくMVPだったと思います。


~選出~
先発コケコガブ
後発ウインディ@1

キュウコン入りなど高速系統に。
スカガブとコケコの攻撃を重ねて数的有利を取りに行くことを優先。


先発ウイングロスorツルギ
後発自由

ポリ2先発が予期できた場合に。
終盤ガブリアスを通す時に障害になることが多いので、初手で落としにかかることが多かったです。


先発コケコウイン
後発自由

対GACTなど 
スカガブが終盤に来ると苦しいので、
初手に誘って地震を耐えながら手助けシャインで処理していました。


先発ガブグロス
後発ウインコケコ

対テテフライドなど
相手のジメンZガブリアスが厳しくなることが多いので、
コケコの枠はカイリューで地面の一貫を切るのもあり



カイリューはガブリアスで地震を打ちたい試合や、耐性が活きそうな試合、
神速が通る試合などに幅広く選出していました。


~総括~
記事を参考にした部分は大きいですが、6体完コピもよくやるルールだったので
最後に自分で考えて構築を組めて、ちゃんと勝てて嬉しかったです。
JCS予選は遊び程度にしか触れておらず、自分にとっては総合とPCLのためだけのルールでしたが
節々で勝てる構築に触れることができて、とても楽しむことができました。
純ダブル勢との実力差も強く感じましたが、総合勢なりに次のVGC2018も楽しめたらと思います。


~Special Thanks~
試運転手伝い
まりも(@marimo0122_)
ふゆの(@huyunoyuki12251)
ぬまうお(@volcaltaria)
スポンサーサイト
comment (0) @ 構築

S5スペレ(さかさ)使用構築② 最高最終1900

2017/08/29
さかさ

TN S・Spencer・E
34-3 最高最終1900

前回記事→S5スペレ(さかさ)使用構築

前の記事を書いた時にさかさをレートリセットして総合もやめるつもりでしたが、
翌日のバイト中に構築の改善案が浮かんでしまったので試しに組み直して潜ってみたら
かなりの勝率で最高レートが更新できました。

構築としての完成度もグンと上がっていて強い構築に仕上がったと思います。
一回溶かした恐怖もあって総合のためにもう触りませんが、まだやる人に少しでも参考になれば嬉しいです。

(9/8追記)触っちゃいました。1900乗ったので流石にもうやりません。

詳細は追記から
comment (0) @ 構築

S5スペレ(さかさ)使用構築

2017/08/26
最高1841 最終1700くらいのはず

TN S・Spencer・E Einzbern

簡易更新なので画像は省略します。


ガルーラ 陽気ASナイト 早起き
猫騙し 不意打ち グロウパンチ 捨て身タックル

ガブリアス 陽気ASスカーフ 鮫肌
逆鱗 地震 ドラゴンクロー 毒突き

ゲッコウガ 臆病HBSゴツメ 変幻自在
毒菱 挑発 毒々 悪の波動

ゲンガー 臆病CSナイト 呪われボディ
身代わり 守る 祟り目 ヘドロ爆弾

パルシェン 陽気AS襷 スキルリンク
毒菱 殻を破る 氷柱針 ロックブラスト

ラッキー 図太いBD輝石 自然回復
毒々 ステルスロック タマゴ産み 地球投げ



さかさシングルは6世代で一度も触れていなかったため初挑戦で、
どんな環境だったのかを過去の記事から調べていたところ
毒菱ゲッコウガ+祟り目ゲンガーのゲコゲンという並びが存在したことを知りました。
ガルーラが環境トップなのは分かり切っていて、その取り巻きにも強く出られそうだったのでこれを軸に。

最初はゲッコウガに信用を置けなかったので、毒菱枠としてHB防塵ゴツメパルシェンを採用していました。
キノガッサに対し後投げから展開の起点にできるなど強かったのですが、
毒菱ゲンガーでイージーウィンできる相手に対して初手で安定して毒菱を撒けずに負けることがあり、
先発適正が高いゲッコウガを採用するに至りました。

過去の記事で見たのはワンウェポンが波乗りだったのですが、フェアリー(というかコケコ)が多い7世代のさかさでは
悪の波動の方が強いと思って差し替えました。ジャローダ対面では波乗りの方が強いので一長一短。

ゲンガーは2ウェポンはこれで確定として、ガルーラの猫を防ぐ守ると、
クレセやブラッキーを起点にできて毒の蓄積や安定行動として使える身代わりを採用しています。
特に身代わりが強いと感じる場面が多かったので正解でした。

取り巻きに関して、ガルーラはこのルール最強かつゲンガーの餌をいい感じに呼んでくれるので迷わず採用。
確実にゴツメ持ちが選出され、多くは特殊耐久が足りていないためゲンガーが通しやすくなります。
毒菱と相性が良く、相手のガルーラにも気持ち強い最速猫捨て身。

ガブリアスはコケコ以外のスカーフにはほぼ負けない最速スカーフにしました。
先発に置きやすく適当に削ってから引いて終盤で抜く動きが通常シングル以上に強く感じました。

パルシェンは初期のHBゴツメの名残で構築から抜けず、当時襷で破れたら勝てた試合が多かったため
変更してみたところかなりハマりました。ただ毒菱は1回も打たなかったので礫や波乗りなどでいいです。
最速を取っていることでコケコフェローチェ以外のスカーフ持ちで止まらなくなります。

ラッキーは全体的に前のめりなこの構築における唯一の引き先かつ詰め筋としての採用です。
さかさではこのポケモンの突破手段がかなり限られており、安定して活躍してくれました。
シングル流用ですがステロがたまに役立つ程度で、癒しの鈴などと差し替え可能だと思います。


選出パターン

・ゲコゲン@1

毒菱選出。ラストはガルーラ以外から1体。
ガブはゲンガーで倒し損ねた相手の掃除、パルはゲンガーを上から縛ってくるスカーフ持ちを起点に全抜き、
ラッキーは引き先かつ保険といった感じで使い分けていました。

・ガルガブ@1

対面選出。@1はラッキーかパルでラッキーはガブのための引き先、
パルは死に出しからの全抜きを狙って出します。

・ガブラキ@1

@1はパルかゲコ。意外と多かったメガなし選出。
スカガブがかなり通しやすいルールだったのでヒットアンドアウェイを繰り返して勝つ形。
打ち逃げが基本なのでここでドラゴンクローが活きてきます。



1841まで上げられたのはこのルールで強いガルーラを筆頭としたノーマル入りに対して
高い勝率を確保できたからだと思います。

そこから溶かしたのは、終盤の環境の変化として、構築で薄いマンダやヘラなどの
環境トップではないメガ入りとのマッチングが増えたのが原因だったと思います。
立ち回りで誤魔化せなくもなかったので1800を反復するくらいで落ち着いていて、
そこでやめていればよかったものをとうとう1800復帰もできず1650~1750をうろつく羽目になりました。
次さかさをやる機会があれば、環境の変化に対応するか、引き際を誤らないようにしたいです。
comment (0) @ 構築

【SMシングル】二極化カビゲン

2017/05/29
69acf746cc767a23449b6a92a5be5aed.png

使用期間 4月中旬~5月末

サンムーンレーティングバトルシーズン3
最高・最終2142 18位 TN Einzbern
最高2112 最終2098 71位 TN S・Spencer・E

第12回R団運動会(チーム戦) 個人成績 予選4-1 トナメ2-0 ベスト4
第35回京大カップ 予選6-1 トナメ0-1 ベスト16
第3回真皇杯関西予選① 予選7-3 トナメ0-1 ベスト32

追記から
comment (9) @ 構築

【SMシングル】スカーフゲッコウガ入り受けループ

2017/03/21
ラキグライドヒドムドーゲコゲン

サンムーンレーティングバトルシーズン2 最高・最終2104 TN S・Spencer・E
第3回P2オフ 予選5勝2敗で2位抜け 決勝トーナメント1勝2敗で4位

追記から

comment (0) @ 構築