カバドリラティルカリオアローガッサ

2014/08/20
カバドリラティルカリオアローガッサ

カバドリラティ+ビルドガッサから組み始め、ドリやガッサと相性の良いファイアロー、
ミラーとガルーラを意識してルカリオを採用。
カバドリ@1、カバルカ@1と大きく2つの選出パターンがあり、
パーティの全てのポケモンがカバドリ@1で出せるような並びになった。

追記から
カバルドン

カバルドン 慎重 215-132-139-x-136-67 さらさら岩 砂起こし
ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし 岩石封じ

HD:ぶっぱ B:余り

砂起こし要員、基本的に選出する。
ステロ欠伸からドリュウズ、ルカリオ、キノガッサで展開していく。
役割からステロ欠伸は確定として、グライオンなどに身代わりを残させない起点回避の吹き飛ばし、
起点回避にもガッサ展開にも使える岩石封じ。


ドリュウズ

ドリュウズ 意地っ張り 185-205-93-x-85-128 命の珠 砂掻き
アイアンヘッド 剣の舞 岩雪崩 地震

A:ぶっぱ S:砂下S-1状態で最速ガブリアス抜き B:余り

素の状態でも相手に大きな負荷がかけられる珠ドリュウズ。
構築全体でギルガルドが重いので地震でワンキル出来るのは大きい。
技は一般的な舞+3ウェポン。


ラティオス

ラティオス 臆病 155-x-101-182-130-178 拘り眼鏡 浮遊
流星群 トリック サイコキネシス 波乗り

CS:ぶっぱ B:余り

ドリュウズ、ルカリオの両エースと相性が良い。
一貫を作れば抜いていける火力を取って壁土産などではなく眼鏡での採用。
メインウェポンの流星、サイキネは確定で展開補助や受け回しに刺せるトリック、
ヒードラン絡みの並びに一貫させる波乗り。


ルカリオ

ルカリオ 臆病 ルカリオナイト 不屈の心(メガシンカ前) 適応力(メガシンカ後)
145-x-91-167-90-156(メガシンカ前) 145-x-109-192-90-180(メガシンカ後)
真空波 悪巧み ラスターカノン 気合玉

CS:ぶっぱ B:余り

ミラー、ガルーラ入りに対して出すメガ枠。
対ドリュウズを意識している枠なので真空波を採用した特殊型。
技も特殊型によくある悪巧み+3ウェポンの形。気合玉の火力が明らかにおかしい。


ファイヤー

ファイアロー 陽気 175-133-93-x-90-170 鋭い嘴 疾風の翼
鬼火 剣の舞 羽休め ブレイブバード

A:ぶっぱ S:最速ガブリアス抜き BD:余り

ドリュウズ、ルカリオと相性が良く自身もエースになれるファイアロー。
カバルカアローでの選出を意識して、ルカリオを地震で倒してくるスカーフガブリアスを起点に出来る
剣舞を採用した型にしたが、ポイヒガッサの展開を補助する追い風を採用するのも一考。
鬼火と挑発は選択で、自分は挑発を上手く扱えないので鬼火を採用している。


キノガッサ

キノガッサ 陽気 155-151-112-x-81-134 毒毒玉 ポイズンヒール
キノコの胞子 身代わり ビルドアップ ローキック

H:16n+11 S:ぶっぱ ABD:余り

パターンに入れば事故がないポイヒガッサを使いたかった。
身代わりを貫通して処理してくるニンフィア、サーナイトなどにはドリュウズが強く出られる。
遂行速度とハメ性能を考慮してビルドローキで採用している。
霊に対して無力な構成なので選出時には注意する。



選出はカバドリ@1かカバルカ@1で基本的に出す、
ガッサで勝てそうならカバラティガッサやカバアローガッサといった選出もあり。
カバルドンから入れないゲッコウガ入りなどが課題。
スポンサーサイト
comment (0) @ 構築
日記 | バンドリラティランド

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する