【第1回K-off使用構築】カバドリラティ+毒菱パルボルト(BW2)

2015/05/05
えりり トレカ

東京で行われた第1回K-offに参加してきました。
このオフはチーム戦での対戦オフで、自分はばっど、じるぽけとチームを組んで
BW2枠を担当してきたのでその際に使用した構築の詳細を書こうと思います。
アイコンの子は今回偽名として使わせてもらった澤村・スペンサー・英梨々ちゃんです。
他の2人に比べて名前なげーんじゃ!!!!!11111

追記から

~コンセプト~

五世代環境で最強の選出だと信じているカバドリラティを確定として、
その選出で対応し辛いレパドーやノオー入りに裏選出で楽に勝ちたいと考え
優先度+1から身代わり守るが出来て単体でも腐り辛い性能を持つボルトロスを使った
毒菱パルボルトを裏選出に添えたもの。この5体で辛く感じるラティオス、マンムー、キノガッサ、鋼全般に
出来るだけ対応出来る駒を探した結果型次第ではそれぞれに強いと言えるウルガモスを選出圧力として採用した。


~個別解説~

カバルドン

カバルドン 腕白 212-132-161-x-119-67 オボンの実 砂起こし
ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし 地震

選出回数 4/5

よく居るカバルドン。慎重HDが好みだが裏3体があまりにも相手のドリュウズに薄すぎたため
少しでも抵抗するために最低限のDを確保してBに回した配分を使用した。
オボンの実を持てるだけでカバルドンの性能はだいぶ変わってくるのでさらさら岩はごみ。


ドリュウズ

ドリュウズ 陽気 185-175-93-x-85-154 地面のジュエル 砂掻き
身代わり 剣の舞 アイアンヘッド 地震

選出回数 3/5

ぷりずむさんの記事を参考にさせてもらいました。
陽気ドリュウズでミラーを見ることを敬遠していたがオフ環境でドリュウズミラーの頻発が予想され、
その度にドリュウズ選出をチキるのも馬鹿らしいので陽気最速で採用した。
起点を作って舞った後にマッパで上から縛られるようではエースの仕事が出来ないため
ある程度のB振りは必要だと考え通常の意地ドリがBに割くのと同じラインを確保してある。


ラティオス

ラティオス 臆病 155-x-101-182-130-178 拘り眼鏡 浮遊
流星群 トリック 龍の波動 波乗り

選出回数 3/5

ラティオス自身の性能をもっとも引き出せる拘り眼鏡型での採用。
龍技を通した回数が勝利に繋がる。ラティオスミラーで引けないので最速。


ボルトロス

ボルトロス 臆病 161-x-90-171-100-179 食べ残し 悪戯心
身代わり 守る 10万ボルト めざめるパワー氷

選出回数 2/5

パルボルトのボルト。パルと並べずラティの横に置くことでパルボルトの並びを誤魔化す。
毒菱選出は刺さっている相手に対しては作業的に勝つことが出来、またCのラインを出来るだけ
あげているためカバドリボルトのように通常の選出に組み込んでも動かせるようになっている。


パルシェン

パルシェン 陽気 125-147-201-x-65-134 気合いの襷 スキルリンク
毒菱 殻を破る 氷柱針 ロックブラスト

選出回数 2/5

毒菱パルシェン。スカーフは起点になるため柔軟に動ける襷での採用。
殻を破るは全抜きをするための積み技ではなく数値を上げることによる起点回避技だという認識。
パルミラーで相手のパルに破られると詰むのでこちらも破って次に上から縛るといった感じ。


ウルガモス

ウルガモス 控え目 167-x-89-194-125-152 炎のジュエル 炎の体
オーバーヒート 蝶の舞 虫のさざめき めざめるパワー地面

選出回数 1/5

コンセプトに書いた通りきつい相手に見た目だけは強そうに見えるため採用。
実際には全てに対応出来るわけもないので特に毒菱選出で絶対に倒せないクレセドランを見るために
めざめるパワー地面と虫のさざめきを採用した個体を使用した。
ラティオスに関しては眼鏡流星群まで耐えようと思うとSかCをかなり下げる必要が出てくるため
このラインで妥協して眼鏡龍の波動を起点に出来るくらいに。
裏選出時の補完としての採用だがカバドリウルガという選出でも動かせる。


~結果~

第1回K-off ラティオスブロック予選2-2 決勝トーナメント0-1
対戦消化後のフレ戦でふたぽこ雨のぶえなをぼこぼこにしばいた
対戦消化後のフレ戦でフィアンマさんに普通に負けた


~反省と感想~

実際のオフでの戦績をまとめると

予選
1戦目 自分:ラティカバドリ 相手:ドランカイリューガッサ ○ チーム2-1で○
2戦目 自分:ラティカバドリ 相手:ラティバンドリ × チーム1-2で×
3戦目 自分:パルボルトカバ 相手:グロストノグドラ × チーム1-2で×
4戦目 自分:ラティカバドリ 相手:トノバレルグロス ○ チーム3-0で○

個人2-2、チーム2-2の合計勝利数7でラティオスブロック2位抜け

決勝トーナメント
1戦目 自分:ボルトパルウルガ 相手:メタモンレパルドーブル × チーム1-2で×

このようなものだった。

自分が負けている試合はどれも自分が勝っていればチームとしては勝ちになっており、
特に決勝トーナメントのわふおさん戦ではパルから入って毒菱を撒けば勝てた試合だったのに
メタモンの襷を警戒してボルトから入ってしまったため負けてしまったのが非常に悔やまれる。

カバドリラティという選出の多さから分かる通り軸は非常に強力で、
裏選出にあたるパルボルトはオフ当日の当たり運もあるが殆ど刺さることはなく
唯一がっつり刺さっていると思えたわふおさん戦も自分の甘さで落としてしまった。
構築としても裏選出での岩の一貫、ミラーを表選出で見るしかないなど欠陥が目立つものであったが
カバドリラティパルボルトまで固定で補完に割ける枠が1枠のみだったため
構築段階から無理は生じていたのかもしれない...。


このように不甲斐ないBW2枠だったにも関わらず予選抜けという結果を残すことが出来たのは
ORAS枠1、2のばっど、じるぽけの2名によるところが非常に大きいです。
この場を借りて改めてこの2名には最大級の感謝を。2人とチームを組めて本当に幸せでした。

2人の構築記事もここで紹介させてもらおうと思います。
ORAS1担当 ばっどの記事
ORAS2担当 じるぽけの記事

そしてK-off運営のみなさん、参加された方々にも感謝を。
対戦だけでなくたくさんの方とお話したり野良でフレ戦させてもらったりしてとても楽しい遠征になりました。
またこのような機会があれば是非参加させてもらいたいと思います。

交流云々は別記事でまた書こうと思うのでこの記事はここまでで。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト
comment (0) @ 構築
【第4回ゆいおふ!使用構築】バトンメガバシャ軸積みバンドリ | 真バトル奥義Ⅹの厚さ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する