スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

サワムラー・スペンサー・英梨々【単体考察】

2015/07/05
えりり トレカ

K-offに澤村・スペンサー・英梨々ちゃんのお名前を借りて出てから、
やたらと愛着が湧いてしまい、ちょうど週末に九尾杯があったのでまた名前を借りて出ようと思ったところから。

なんか英梨々っぽいポケモンいないかなーと思っていた^む^の頭に浮かんだのが

†サワムラー†
サワムラー

これは使うしかないということで早速考察を始めた。

タイプ
格闘

種族値
50-120-53-35-110-87

特性
柔軟・捨て身・軽業

主な技
猫騙し、飛び膝蹴り、インファイト、ローキック、ストーンエッジ、岩石封じ、
堪える、ブレイズキック、フェイント、ビルドアップ、地震、泥棒、叩き落とす、
投げつける、地均し、身代わり、グロウパンチ、マッハパンチ、カウンター、
バレットパンチ、きしかいせい


~種族値を見た感想~
AとDが高い。Sもそこそこ。
H-Bが低すぎてお話にならない。

~特性~
Dがせっかく高いので柔軟にしてチョッキでも持たせてボルトロスに後出しでもするかと考える。
どう考えても弱いのでやめる、捨て身だとコジョンドでいいらしいので軽業に。


ここまででとりあえず軽業にすることが決定。無難にノーマルジュエル猫騙しから膝でも打つかといったところ。
テンプレはAS@ノーマルジュエル 猫/膝/エッジ/なんか みたいな感じらしい。

ぼーっと考えているとここで技一覧に堪えると叩き落とす、岩石封じを発見。

^む^「堪えるでレッカ発動させて対面操作して叩き封じで起点作れればまあそこそこ使えるやろw」

ということで堪えるレッカ型に決定。
エースとして使うのでなければ数値の低さは気にならないし、そもそも軸にしなければ出す必要もない。
コテハンとサワムラーを絡めた一発芸感覚だがせっかくだし結果を出したいので、
サワムラーは出しても出さなくてもいい型にして裏の5体で勝つ方向で。

最後の枠に格闘技が入るが、なんとなく飛び膝蹴りより起死回生がおもしろそうだったのでそっちに。
陽気にして飛び膝を持たせると軽業なしでもマンムーが抜けます、猫ないから襷で耐えられて4ぬけど。
起死回生にするならマンムー切ってるので意地で火力を補強、どうせない耐久なので諦めて意地AS252B4で決定。


と、ここまで考えて後は最近使ってるバシャボルトマンダガッサの並びに補完でチョッキドリュウズを入れた。
格闘3枚も居て無駄にアロー呼ぶしどう考えても邪魔でしかないサワムラー。
積みサイクルっぽいパーティなので初手における可能性はあるかもしれないと思ったが・・・


結局バイトが入って九尾杯に出れなかったのでそこらへんにいた初雪に構築ごと預けてHNも指定で出場させた。
サワムラーは育成すらしていなかったのでバルキーの状態で渡して初雪に育成させた。多分もう使わないからあげる。
すると何故か4-0(サワムラー選出0)でマスターズリーグ出場権を獲得してしまったようだ。笑いが止まらなかった。

eriri.jpg

現環境でのサワムラーの選出圧力による結果だと信じて疑わない。
初雪にはマスターズリーグもサワムラーを上手く使って頑張ってもらおうと思う。

サワムラー先生の次回作にご期待ください。
スポンサーサイト
comment (0) @ ポケモン
三連休 | BLOCK杯 グループA 消化済み3戦振り返り

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。