【機運厨の末路】言語崩壊した状態でバイトをした結果wwwww【ねこ速】

2015/08/18
第2回JPNOPEN・機運厨の集いオフレポ 後編の続き

この記事の下の方から引用

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

俺「明後日から塾バイトあるんだけど大丈夫かな言語」
初雪「これ覚えとくと~、アド!みたいな感じで使えそうですね」
俺「これ忘れるとか虚無虚無の虚無」
初雪「受験厨の末路」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というわけで、本日8月18日はこの記事の中での明後日に当たる日でした。
自分としてはいつも通り何も起こらず穏やかにバイトを終える予定だったのですが、
現実はそういうわけにもいかなかったのでここに日記として残しておきます。

追記から

時は遡って8月17日の朝に。

夜行で大阪に着きかいぬしと別れて実家に帰ったが、家族とはほとんど会話せずに
ひたすらオフレポを書いて寝てを繰り返して一日を潰す。

家族とほとんど会話しなかった、というのはつまり正しい言語を知る機会がなかった、という意味だと捉えてほしい。


8月18日 朝

起床朝食即バイト。

予定していた一日の流れは

出勤→1コマ授業→退勤→高校の友人と遊ぶ

ぐだぐだしていたら時間がやばくなったのでバイト先まで全力疾走。

到着後優雅に汗を拭きながら担当の子を発見、授業を始める。

子「先生お盆休みどっか行った?」
俺「夜行バスで東京行って(オタクと)徹夜でカラオケした後バスケしてきたよ」
子「え、それ大丈夫?やばくない?」
俺「虚無」
子「え」
俺「なんでもない、じゃあ始めようか」

その後は安定した日本語で無事1コマ教え終えて、よ~し退勤するぞ~と思っていたら

上司「もう1コマ」
俺「は?」
上司「おねがい」
俺「ちんちん」

とりあえず友人に連絡、昼から遊ぶ予定を昼飯を一緒に食べるに変更。すまん。
一緒にラーメンを食べてバイト先に戻る。
友人もそもそも日本語を話すタイプのチンパンジーではなかったのでノリで押し切った。言語が悪化した。

上司「じゃあ2人よろしく」
俺「は?」
上司「おねがい」
俺「ちんちん」

いきなりの1VS2に流石に憤りを隠せない。
担当の子を確保、授業を始める。

1人目「先生お盆は?」
俺「実は先生東京行ってきたっていう裏設定ある」
1人目「裏設定?」
俺「わかる」
1人目「???」

2人目「東京で何したの?」
俺「徹カラバスケの機運」
2人目「機運?」
俺「機運」
2人目「???」

他愛のない世間話にも丁寧に対応する講師の鑑。
しかし難しい言葉を使ったせいでまだよく分からなかったようだ。

1人目「これ分からん、教えて」
俺「敬意あらず」
1人目「敬意?」
俺「虚無」

2人目「先生できました~」
俺「お、全部あってるやん アド!」
2人目「アド?」
俺「アド!」

1人目「だから分かんないんだって」
俺「無限に頑張れ」

無事に授業を終える。

上司「この日も追加で入れない?」
俺「はぁ」
上司「おねがい」
俺「わかる」

よく覚えていないうちに1コマ増える。

おまけ

休憩室で幼馴染の子と数年振りの再会を果たす。

幼馴染「○○くんって塾の時一緒だった?」
俺「あー、○○さんか!久しぶり~」
幼馴染「久しぶり~、元気してた?」
俺「虚無」
幼馴染「え」
俺「ぼちぼちかな、いつもシフト入ってる感じ?」
幼馴染「そうだねー、○○くんは夏休みからかな?」
俺「おーん」
幼馴染「おーん?」
俺「お盆休みは前半入ってたけど昨日まで旅行で、今日からまたかな」
幼馴染「へ~、どこ行ってたの?」
俺「東京」
幼馴染「うんうん」
俺「機運厨の末路してた」
幼馴染「なんて?」
俺「なんでもない、またシフトかぶったらよろしくねー」
幼馴染「うん、こちらこそよろしく!ごはんとかも行きたいね、LINEだけとりあえず交換しとこ!」
俺「アド!」


普通に日常生活に支障をきたすことに気付いたので誰か日本語教えてください。
スポンサーサイト
comment (2) @ 日記
シーズン11雑感 | 第2回JPNOPEN・機運厨の集いオフレポ 後編の続き

comment

: @-
ツイッターから来ました
この記事文字化け?してて読めないですよ!
2015/08/20 Thu 18:45:45 URL
Re: タイトルなし : むくれねこ @-
> ツイッターから来ました
> この記事文字化け?してて読めないですよ!

他の人は読めてるみたいなので、ブラウザとかの問題かなーと思います。
こちらからはどうしようもないです、すいません。
2015/09/02 Wed 09:52:34 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する