【ORASシングル】それ厨パに勝てるんか?

2016/10/30
ボルトガブガルゲンバシャスイクン

大阪芸大ポケサー「さいはて」学祭シングル大会予選5-0 決勝トナメ3-0 優勝



・化身ボルトロス 
図太いHBベース 食べ残し 悪戯心
毒々 身代り 守る 10万ボルト

・ガブリアス
陽気AS ヤチェの実 鮫肌
ステルスロック 剣の舞 逆鱗 地震

・ガルーラ
陽気AS ガルーラナイト 肝っ玉
猫騙し 不意打ち 捨て身タックル 地震

・ゲンガー
臆病HS ゲンガナイト 浮遊
鬼火 滅びの歌 シャドーボール 道連れ

・バシャーモ
意地っ張りHBベース バシャーモナイト 加速
鬼火 守る バトンタッチ 飛び膝蹴り

・スイクン
図太いHB ゴツゴツメット プレッシャー
熱湯 瞑想 リフレクター 眠る


解説は追記から


ボルトロス

図太い毒ボルトを崩しの駒として使ってみたかったので、軸として採用。
周りで状態異常を撒くことで詰めが楽になるかと思ったが、理想の展開にはなかなかならなかった。


ガブリアス

構築単位でウルガモスが厳しいことや、バシャーモのバトン先で崩しを担当することを考えて、
使い慣れたステロ剣舞のハイブリッド型で採用した。持ち物にはラムや珠も検討したが、
ヤチェの行動保証が活きた試合があったので、ヤチェで正解だったと思う。


ガルーラ

定数ダメージと相性がいい猫不意を採用した上で、他の駒での崩しを活かせる型にした。
基本的に引けない構築で、ガブリアスへの対面性能を確保していない型にしたのは失敗だったかもしれない。
バシャーモのバトンとシナジーのある型も検討したが、後からバシャーモがメガになったのでやめた。


ゲンガー

鬼火撒き、バトンなどへの耐性、ゲンゲン対面で突っ張る、など欲張った結果この構成。
ガルーラやバシャーモと同時に出す時は基本的にこちらをメガさせずに、
耐性を活かしてクッション代わりに使うことが多かった。
ラス1滅びで詰めた試合があったため、非メガでも滅びの歌は有用だと感じた。


バシャーモ ミニ

初手に置いて、ガルーラ前で守らずにガルクレセに一貫する鬼火を打つ立ち回りを考えた結果、
オボンでは膝の火力が確保できないということでメガで採用。
Sや耐久ラインの関係上非メガでは動かせないので、ガルバシャ同時選出はなかった。
物理受けに交代際に鬼火を刺して、バトンから剣舞ガブで崩す流れが美しかった。


スイクン ミニ

バトン先運用、ゴツメ枠、ゲンスイ運用など欲張った結果この構成。
無難に活躍したが、瞑想で詰める試合はなかったので、
マンダ軸に対して極端に薄いので冷凍ビームで誤魔化すか、崩しとして毒を採用するかが考えられる。




事前に危惧していたのは、やりたいことを詰め込んだ結果、
個々の噛み合いが悪くなり、構築に穴が出来ることだった。
実際に今記事を書きながら、色々厳しい相手が浮かんできて苦い顔をしている。

構築としての完成度は高くないが、当たり運などが良い方向に働き全勝優勝という結果が出せたこと、
既存のアプローチではあるものの、アレンジを加えて面白い形にできたと思ったことから公開。

厨パを使い込んだことはなかったが、この並びに憧れを持ち続けていたので
この機会に挑戦することができたのは良かった。
自分の理解度が不足していることも感じたが、集中して対戦に取り組んだことで
経験不足などはある程度カバーできたようだったのでそこは成長と捉えたい。


常体終わり


ついでに近況報告ですが、サークルのダブルの部内戦で準優勝したり、
ポケサー学年対抗戦のシングルで勝利したりしてました。

本来ならそこで自分のORASは終わるつもりだったのですが、
後輩や同期と他大学のシングル大会を巡る機会が出来たのでもう少しだけ続けてみようと思います。

有終の美を飾ることができるように頑張ります。


~参考記事~

S12最高2202「オボンバシャーモ軸バトン展開」[シングル]

ヤンキーメガバシャ
スポンサーサイト
comment (0) @ 構築
11/2 むくれねこ杯 | 【ORASシングル】ステロガブガルアロー

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する