FC2ブログ

S5スペレ(さかさ)使用構築② 最高最終1900

2017/08/29
さかさ

TN S・Spencer・E
34-3 最高最終1900

前回記事→S5スペレ(さかさ)使用構築

前の記事を書いた時にさかさをレートリセットして総合もやめるつもりでしたが、
翌日のバイト中に構築の改善案が浮かんでしまったので試しに組み直して潜ってみたら
かなりの勝率で最高レートが更新できました。

構築としての完成度もグンと上がっていて強い構築に仕上がったと思います。
一回溶かした恐怖もあって総合のためにもう触りませんが、まだやる人に少しでも参考になれば嬉しいです。

(9/8追記)触っちゃいました。1900乗ったので流石にもうやりません。

詳細は追記から

~個別解説~

ガルーラ

ガルーラ 陽気AS早起き ガルーラナイト
猫騙し 不意打ち グロウパンチ 捨て身タックル

変更点なし。ちなみに早起きは一度も役に立たなかったです。


ガブリアス

ガブリアス 陽気AS鮫肌 拘りスカーフ
ステルスロック 逆鱗 毒突き 地震

ドラゴンクロー→ステルスロック
後述のカビゴンとの展開、ラッキーがいなくなったので一応ステロを仕込みましたが特に役立ちませんでした。


ゲッコウガ

でかい

ゲッコウガ 臆病BCS変幻自在 ゴツゴツメット
毒々 挑発 毒菱 目覚めるパワー電気
調整:S 最速ジャローダ抜き C 目覚めるパワー電気で無振りジャローダ確定2、フィールド下無振りコケコ確定1

悪の波動→目覚めるパワー電気
さかさで主に先発起用されるジャローダ、カプ・コケコへのメタに。
ジャローダ対面では蛇睨みを打たれても麻痺しなくなるのがあまりにも強いと思いました。
変更が明確に活きた試合はなかったですが、初手の置きやすさや選出の組みやすさがかなり変わったのでよかったです。


ゲンガー 通常色

ゲンガー 臆病CS呪われボディ ゲンガナイト
身代わり 守る 祟り目 ヘドロ爆弾

変更点なし。後述のカビゴンのおかげで選出率がかなり上がりました。


パルシェン 通常色

パルシェン 無邪気ASスキルリンク 気合の襷
氷柱針 殻を破る 波乗り ロックブラスト

毒菱→波乗り
ボーマンダやラティオス、カイリューなどのドラゴンで止まらなくなったのが非常に強かったです。


143.gif

カビゴン 腕白HB食いしん坊 イアの実
恩返し 欠伸 リサイクル 吹き飛ばし

ラッキー→カビゴン
間違いなくMVP。
日頃からシングルの受け回しをラッキー→カビゴンで使用しているのに、
このルールでもそれが可能なことに気付くのが遅すぎました。
ガルーラパルシェンの積み展開とも、ゲンガーの身代わり祟り目とも相性が良い欠伸を軸にした構成。
ラッキーとは違い起点回避技が2つあり、恩返しが無振りでもそれなりの火力なため
ギミックを絡めない単純な打ち合いにも非常に強く、先発でも後発でも大活躍でした。


~選出~

・ゲコゲンカビ
基本選出。ゲンガーが止まった時にカビゴンに引けたり、
毒菱が入らない相手に欠伸や打ち合いができたりして対応範囲が非常に広いです。

・カビガルガブ
カビゴンで削りを行い、欠伸が通ればガルーラのグロウから一気に崩せます。

他は大体前記事と同じですが、カビゴンの選出率がほぼ100%でした。


パルシェンに波乗りを採用したことで苦手だったボーマンダに強くなり、
カビゴンのおかげでポリ2ヘラクロスのような並びにも苦戦しなくなりました。
また、カビゴンが厳しい毒持ちのクレセリアやブラッキー、バルジーナに対して
ゲンガーが後出しから起点にすることができたのも非常に相性がよかったです。

負け2つは片方がプレイングミス、もう片方が想定外のむらっけドーブルによる負けだったので
他の主要構築にはほぼ有利に動けると思います。
恩返しが強いのでQRにはできませんが、自信のある構築に仕上がったので非常に満足しています。
総合があるので深追いできませんが、レートを戻せた幸運を無駄にしないように他のルールも頑張ります。

(9/8追記)深追いした後ですが、1敗は破ったパルシェンがマンムーで止まったことによる負けでした。
選出次第でなんとかなりますが厳しいのはポリゴンZ、マンムー、カイリュー、カプ・コケコあたりだったと思います。
カビゴンとゲンガーが主な勝因だったので、その2体をメインで選出するようにすると勝ちやすいです。
スポンサーサイト
comment (0) @ 構築
サンムーンS5 レーティングバトル | S5スペレ(さかさ)使用構築

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する