FC2ブログ

【剣盾シングル】S1使用構築

2020/01/03
剣盾S1シングル

剣盾S1シングル 最終133位

共同構築作成者(原案者)のクゥリさん(@kuuri_yatsume)が構築記事を公開されたので
自分も本家との差異や、構築の作成過程について掘り下げた記事を投稿しようと思った次第です。

クゥリさんの記事→【ポケモン剣盾シーズン1】ブラドラパドヒド【最高3位/最終41位】


~コンセプト~

①受け駒で相手のダイマックス権を先に切らせて攻め駒で制圧
②攻め駒で相手の崩しを処理して受け駒で詰ませ

大きくはこの二点。
タイプで受け回したり、守るやトーチカを駆使して
相手のダイマックスの価値を下げる(3ターンで受ける被害を最小に抑える)ことを意識していました。


~採用順~

ブラッキーと相方のドヒドイデ(受けの軸2体)

厳しい所を潰せて願い事との噛み合いもいいドラパルト
(すり抜けで身代わりサザンドラに対抗できるのが特に大きかったです。)

地面の一貫がありドリュウズにやりたい放題されるので見た目上の一貫を切るアーマーガア
(見た目だけでも一貫を切っておくことで相手のプレイングミスを誘発できたりします。)

ドラパルトが出しづらい構築に出すサザンドラ

勝率が悪かったトゲキッス絡みに出すドリュウズ


~本家との違い~

・サザンドラが拘り眼鏡ではなく拘りスカーフ所持
→スカーフヒヒダルマなどの上から動けるスカーフ枠として。
 眼鏡の負荷も魅力的でしたが、裏に受け駒を置けた時のスカーフの先発性能が非常に高かったので
 そちらを優先しました。ドヒドイデとの補完がとてもいいです。

・セキタンザン→ドリュウズ
参考記事:DS弱保ドリュウズについて
→共通する認識はトゲキッス対策枠。
 セキタンザンの準備が間に合わなかったというのもありますが、
 役割がトゲキッスピンポイントにならずにハマれば並び単位での貫通を狙える点を評価してドリュウズをチョイス。
 結果的には対トゲキッスにおいて相手が崩しのターンをずらしてくると、
 こちらが先にダイマックスを切る形になってしまい安定感に欠けてしまいました。
 しかしドリュウズの活躍で拾った試合もあったので、取り巻きの一部でもドリュウズに寄せてあげていれば
 より輝けたのではないかと考えています。


他は大体同じ(ドラパルトの配分が好みで少し違う)くらいなので省略します。


~選出パターン~
※この項でいう受けはドヒドイデとブラッキーのことを、攻めはそれ以外の4体のことを指します。


・ブラッキードヒドイデ@1(ドラパルト≧サザンドラ>ドリュウズ>アーマーガア)

受け2攻め1の選出(本構築でのアーマーガアは役割的には攻め駒)。
コンセプトの通り、相手に先にダイマックス権を切らせてやり過ごすことで
こちらの有利な展開に持っていくことを狙います。
基本的には攻め駒にダイマックスを切る(サザンドラは切らなくてもいい時が多い)ので、
攻め駒のHP管理を慎重にして極力受けの2体で回しつつ相手を削ることが多かったです。


・ブラッキーorドヒドイデ@2(ドヒドイデ>ブラッキー)
@2の組み合わせは
サザンドラ+アーマーガア>サザンドラ+ドリュウズ>ドラパルト+アーマーガア>その他

攻め2受け1の選出。
とは言うもののある程度サイクルが回せないと扱いづらいので、
「ダイマックスを切ることが少なくHPが少しでもあれば仕事が残るサザンドラ」
「サイクルで多少削れても羽休めで復帰できるアーマーガア」
の2匹はよく選出に入ってきました。
ドラパルトとドリュウズはブラッキーの願い事抜きだとHP管理がシビアなため
少し立ち回りが難しかったです。

サザンドラとドラパルトの役割分担がテーマでもあるので、
2匹を同時選出することはかなり少なかったです。


攻め3はあんまり。ドラゴン+ドリュウズ+アーマーガアが稀にあったくらい。


~まとめ~

あくまでクゥリさんのものが本家なので簡潔な紹介になりました。
個別解説などは彼の記事を参照していただき、
あちらにあまりない情報をこちらで補完するように努めました。
プレイヤーとしてはあちらの方が上ですが日本語は多分自分の方がマシなので、
あちらに聞いても分からなかったことなどあれば自分の方に聞いてもらえればと思います。

一緒に構築を組んでくださったクゥリさん、重ね重ねありがとうございました。


自分としては今後もこのタイプの構築を触りつつ、
ステロ展開など他のアーキタイプにも挑戦してみようと思っています。
それでは次回の更新でまた。
スポンサーサイト



comment (0) @ 構築記事
1/18 第1回PWT対戦ログ(簡易) | 剣盾S1シングル感想

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する