FC2ブログ

3/8(日) ミエイさんの仲間大会使用構築(簡易)

2020/03/08
仲間大会結果



Youtubeで実況活動をされているミエイさん(@Miei_pokemon)主催の仲間大会に参加しました。

12勝0敗、レート1665で優勝することができたので
記念ということで簡単に構築の紹介をさせていただこうと思います。


S4序盤

ベース:【剣盾シングル】S3使用構築 「たべのこしブラッキー+とつげきチョッキドヒドイデ」

ドラパルト:ようきAS     ブラッキー:わんぱくHB
ドヒドイデ:おだやかHC    ドリュウズ:ようきABS
ロトム(ヒート):ずぶといHB  トゲキッス:おくびょうCS

※この仲間大会はシリーズ2ルールで開催されていたのでラプラスが使えない環境でした(多分)。


ベースは前期の構築で、軸としたブラッキー、ドラパルト、ドヒドイデについては大きく変更はありません。
(ドヒドイデの「れいとうビーム」を「まとわりつく」に変えたくらいです。)

残りの3体について、前期は

・「こだわりスカーフ」ドリュウズ
役割対象:ミミッキュ、トゲキッス、パッチラゴン、ロトム系統など

・「こうかくレンズ」ミミッキュ
役割対象:ヒヒダルマ(ガラル)、パッチラゴン、ローブシン、状態異常を入れたい相手など

・「タラプのみ」アーマーガア
役割対象:ナットレイ、アーマーガアなど

このように採用していましたが、きっちり練られたものではないので考え直してみることにしました。


軸の部分で有利とは言えないミミッキュ、トゲキッス、パッチラゴンなどに圧力がかけられる点で
ドリュウズは選出画面に存在する価値がある(準確定枠)と判断しました。

ただ、「こだわりスカーフ」をドリュウズに渡すと
ドリュウズより速い「こだわりスカーフ」持ち(ヒヒダルマなど)のケアが難しいので
型を見直して、前期の構築記事で見かけたこちらのドリュウズを採用してみました。

参考元:【S2,3使用構築】呪縛ドラパエルフ【S3最終55位】
(リンクの掲載に問題があればご連絡いただければ対応します)

「かたやぶり」から「すなかき」に変更したことで「じしん」の一貫を狙うことは難しくなりましたが、
ダイマックスを切った際の爆発力や、ブラッキーの「あくび」との相性の良さが光り非常に良い使用感でした。


次にドリュウズと相性が良く、ミミッキュやアーマーガアの役割対象をある程度相手できて
使い勝手の良いポケモンとして「こだわりスカーフ」トゲキッスを採用しました。

先ほどドリュウズについてお話した通り、ヒヒダルマより遅い「こだわりスカーフ」持ちだと
ヒヒダルマへのケアが効きづらいという問題点はあるのですが、
トゲキッスはダイマックスを切ってもそれなりに強く、
欠点以上に受け回しとの相性の良さを感じられたので綺麗に組み込めました。


最後の枠にはボックスに居たロトム(ヒート)を適当に入れておきましたが、
トゲキッスの被選出率が少し下がったかな?くらいで特に活躍したわけでもないので
引き続き考えていきたいと思います。


~選出回数(全12戦)~

ドラパルト:4回(うち先発3回)
ブラッキー:9回(うち先発1回)
ドヒドイデ:8回(うち先発3回)
ドリュウズ:7回
トゲキッス:7回(うち先発5回)
ロトム(ヒート):1回


~大会に参加した感想~

前日に仲間大会のシングルで検索をかけたらたまたまこの大会が引っかかり、
参加条件も満たしていたので何となく参加することにしたのですが
主催のミエイさんが初見の自分にも優しく対応してくださりとても楽しむことが出来ました。

3時間で自分が12戦(時間無制限で長い試合多め)、
多くこなしていた方でも20戦までは行っていなさそうな雰囲気だったので
3時間の仲間大会の適正試合数は15試合くらいなのかなと一参加者目線で思いました。

剣盾の仲間大会はレートと順位がリアルタイムで表示されるため、
1位と2位を行き来している時はかなりドキドキしました。

またこういった機会があれば積極的に参加していきたいと思います。

改めまして主催のミエイさんと対戦してくださった方、
それとここまで読んでくださった方はありがとうございました。



~おまけ 今後の構築の改良に向けて~

今回の仲間大会ではラプラスは居ませんでしたが、
現在のシングルランクマッチ環境ではS3終盤やS4で解禁されたポケモンによって
大きく環境が動いています。

具体的には
ラプラス:「キョダイマックス」の解禁で個体数増加、「ぜったいれいど」や「じわれ」の採用
アシレーヌ:「めいそう」を新たに覚えるように、「サイコキネシス」も打てる
フシギバナ:「ねむりごな」「やどりぎ」が採用された型がいる
カメックス:「からをやぶる」を新たに覚えるように
ピクシー:「てんねん」の解禁で個体数増加

この辺りがブラドヒド構築に対する影響が大きい新要素になっているかなと思います。

一番意識したいラプラスについては、
ダイマックスをやり過ごした後に「すりぬけ」ドラパルトで倒すのが無難な感じはありますが
「ぜったいれいど」の試行回数を与えてしまうことも多く悩んでいるところです。
受け志向だと「被害を最小限に留める」ことがテーマになってくると思います(むずかしい)。

フェアリーについて、今まではミミッキュとトゲキッスを意識しておけばとりあえずは大丈夫でしたが
ピクシーやアシレーヌといったスペックが高めなフェアリーも増え始めて
少し困っています。
ドヒドイデに一任できるわけではないので、
今までのようにサザンドラ、ドラパルトを同時に採用したりするのは少し難しいかなと感じています。

ドリュウズを上手く使うことがポイントになると考えているので、
ドリュウズを動かしやすいような選出パターンなどを見つけてあげたいと思います。


以上、まだ試行錯誤の段階でふんわりとしたおさらいになりましたが
同じ構築系統を使われている方に何かしら参考になる部分があれば嬉しいです。


おわり
スポンサーサイト



comment (0) @ 構築記事
| 【剣盾シングル】「とつげきチョッキ」ドヒドイデ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する