【シーズン2使用構築】カバルカイリューハッサム

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カバルカイリューハッサム愛莉アロー

2期レート終了まで日が短く、さくさくっとレートを上げて
最低限見せられるくらいのレートにはするために試合消化が早そうなカバルカを使うことにしました。

カイリューハッサムの並びは使いたかったのでカバルカイリューハッサムまでは確定、
ゲッコウガやメガゲンガーなど面倒な高速アタッカーを上から縛れて
ルカリオとの相性もいいファイアロー、重いマリルリやガッサへのケアに
愛莉ちゃんもといエルフーンを採用しました。

個別解説は追記へ
~個別解説~

カバルドン

カバルドン 慎重 215-132-139-x-136-67 オボンの実 砂起こし
ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし 岩石封じ

ルカリオカイリューハッサムの起点作りとして採用。
ステロが撒けてここらへんと相性がいいポケモンとして他にガブリアスが居ますが、
欠伸があり五世代から使い慣れているカバルドンの方を使うことにしました。
ステロは裏の全抜きのために必須、起点作りの欠伸も起点回避の吹き飛ばしも切れません。
岩石封じの枠は地震との選択で、初手に置く時に挑発ファイアローやらにいじめられたので
途中から封じで使ってみたところ上手くハマりました。
封じを入れてもカバ自身では全然抜ける相手が居ないので、少しS調整してもいいかなとは思いました。
少しでも長生きして欲しかったので素直にHD特化しましたが、眼鏡サザンや眼鏡ドランの流星オバヒを
オボン込みで2耐えすることがあったりして耐久に救われる場面も多かったのでSとの兼ね合いは難しそうです。


ルカリオ

ルカリオ 陽気 ルカリオナイト 正義の心(メガシンカ前) 適応力(メガシンカ後)
145-162-90-x-91-156(メガシンカ前) 145-197-100-x-91-180(メガシンカ後)
神速 爪研ぎ アイアンテール 飛び膝蹴り

エースその1として採用。
【シングル】 爪とぎメガルカリオ
ぺもさんのこの記事を参考にさせていただきました。
最初は神速剣舞噛み砕くインファで使っていたのですが、マリルリやメガヘラクロスが重く
アイアンテール入りのルカリオを採用しようと思い、低命中技を素で打つ勇気はなかったので
爪研ぎで安全に高火力技を打てるこの型で採用しました。
神速を打つ際の火力が少し足りないのが気になったくらいでとても使いやすく、
ほとんどの試合で選出して活躍してくれました。


カイリュー

カイリュー 意地っ張り 167-204-115-x-120-132 命の珠 マルチスケイル
逆鱗 龍の舞 神速 地震

エースその2として採用。
龍ジュエルがなくなってしまったので珠で使いましたが地震や神速の火力も上がるので
個人的には五世代で使っていた龍ジュエルカイリューよりも使いやすかったです。
起点なしでもマルチスケイルで無理やり一回は舞えるのがやっぱ強かった。
技構成は特に考えずにこれにしましたが、ゲンガーに逆鱗を打たなければならないのが
少し嫌だったくらいで範囲を考えてもこれがベストだとは思います。


ハッサム

ハッサム 意地っ張り ハッサムナイト テクニシャン(メガシンカ前) テクニシャン(メガシンカ後)
175-200-121-x-101-87(メガシンカ前) 175-222-161-x-121-97(メガシンカ後)
バレットパンチ 剣の舞 羽休め 泥棒

エースその3として採用。
ルカリオがギルガルドで止まるので、そこらへんが見えたら代わりにハッサムを出すようにしていました。
ミラーを考えると叩き落とすより泥棒の方が良いらしいのでこちらを採用。
叩き落とすは使ったことがないのでそのうち使いたいなーと思ってます。
とりあえず泥棒で火力が足りないということはそんなになかったはず。
配分は適当にパクりましたがミラーを意識しているならもう少しSを上げた方がよかったかもしれません。


愛莉ちゃん てへぺろ

エルフーン 図太い 161-x-150-98-101-137 食べ残し 悪戯心
身代わり 宿木の種 コットンガード ムーンフォース

マスコットとして採用。ミトムとかマリルリとかギャラドスとかパーティ単位でしんどいやつに強い。
【シングル】エルフドラン+ネバネバヘラクロス
アスランさんのこの記事のエルフーンを使わせていただきました。
アンコールが欲しい場面もありましたがそれよりも身代わりを壊させず相手を詰ませやすい
コットンガードの方がこのパーティで使う分には優先度が高かったように思います。
ちょこちょこ宿木を外すお茶目な子でしたがかわいいのでいいでしょう。
???「ヶさゎゴッメーン☆ ちょっとゎたし、きんちょぅしちゃったの。
    だヵら激オコぷんぷん丸にならずに、ゅるしてね、てへぺろ(・ω<)」


ファイアロー

ファイアロー 陽気 153-133-92-x-89-195 拘り鉢巻 疾風の翼
フレアドライブ ブレイブバード 蜻蛉帰り 寝言

初手でカバルドンの展開を止めに来るゲッコウガへの誤魔化しとして採用。
ルカリオとの相性も良く、カバでステロ欠伸する中で勝手にブレバの一貫が出来ていたりと
補完として採用したはずが大きな勝ち筋になっていました。
寝言の枠は他に入れる技も鬼火くらいしか思い付かないのでとりあえず入れてみたのですが、
一度だけバナの眠り粉に後出しして使うことがあったので悪くなかったと思います。

なんか1体だけ画像の種類が違うせいで存在感を放っていますが気にしない方向で。
基本的にカロスポケモンは滅多に採用することはないと思うのでこれからも
このスタイルでいこうと思います。


~選出パターン~

・カバルカイリュー
基本選出。カバルドンから展開してルカリオ、ルカリオが止まったらカイリューで抜きに行く。

・カバカイリューハッサム
ルカリオがハッサムになっただけ。相手にギルガルドが居る場合など。

・アローカバルカ
初手にカバが投げ辛くアローが投げやすい時はアローから入り、
相手の交代に蜻蛉を合わせてカバを出して展開する。
ルカリオかアローで一貫を取る。

・カバルカエルフ
ルカリオで抜くかエルフーンでハメて詰ませるか。
交代を誘いやすいエルフーンとステロの相性はかなりいい。

・アローカバエルフ
エルフーンが出せそうだがバナが面倒な時などは大体これ。

・アローエルフハッサム
カバルドンが出し辛い時の主な選出。エルフで適当に削るとアローかハッサムが一貫することが多い。


大体こんな感じでした。それぞれが他のポケモンと強い勝ち筋をつくることが出来るため
選出パターンが多くなり、相手に合わせて選出すれば
見せ合いで絶対に勝てないと思うようなことはなかったように思います。

シングルレートは2日で1700から2008まで上げて疲れたので今期の最終レートは2008になると思います。
XYになってから自分が使っていたパーティではポイヒガッサを採用することが多く、
よくTODを受けて試合消化に時間がかかってしまっていたので
このようにさくさく試合が進む(エルフーンは居ますが)パーティは
気が楽でレート向きだなーとしみじみと思いました。

1期は全く対戦をせず、2期も終了直前に急いでレートを上げるような形になってしまったので
3期からはゆとりをもって日頃からちびちびと対戦回数を増やしていきたいと思います(

ここまで読んでくださった方はありがとうございました。

2/24追記:潜らないって書きましたが知り合いに抜かれそうだったのと
ランキングが1007位とかで微妙すぎたので少しだけ頑張ろうと思い、
1時間くらい集中してやったらレート2102まで上げることが出来ました。

あと重い相手に関して書くのを忘れていたので簡単に触れると、
飛行の一貫性があるのでトゲキッスやファイアローがやばいです。特に先発のスカーフキッスが無理。
アローとかで適当に削ってハッサムの圏内に入れる感じでかろうじて処理してます。
他にはクレセドラン+ゲンガーみたいな並びに対して、クレセドランをルカリオにほとんど丸投げしているので
メガゲンガーにメガルカリオが抜かれるのがしんどかったです。ドラン見えたらハッサム出すのも難しいので
カバルカアローで出してステロとアローでドランとゲンガー頑張って処理するとかそんな感じ。

こんな風に欠陥が多い構築になってますが鬼の立ち回りで頑張れば
苦手な相手にも勝ち筋を残せるので使いやすいこの並びを変更することはないと思います。

追記終わり
ページトップ