S5スペレ(さかさ)使用構築

2017/08/26
最高1841 最終1700くらいのはず

TN S・Spencer・E Einzbern

簡易更新なので画像は省略します。


ガルーラ 陽気ASナイト 早起き
猫騙し 不意打ち グロウパンチ 捨て身タックル

ガブリアス 陽気ASスカーフ 鮫肌
逆鱗 地震 ドラゴンクロー 毒突き

ゲッコウガ 臆病HBSゴツメ 変幻自在
毒菱 挑発 毒々 悪の波動

ゲンガー 臆病CSナイト 呪われボディ
身代わり 守る 祟り目 ヘドロ爆弾

パルシェン 陽気AS襷 スキルリンク
毒菱 殻を破る 氷柱針 ロックブラスト

ラッキー 図太いBD輝石 自然回復
毒々 ステルスロック タマゴ産み 地球投げ



さかさシングルは6世代で一度も触れていなかったため初挑戦で、
どんな環境だったのかを過去の記事から調べていたところ
毒菱ゲッコウガ+祟り目ゲンガーのゲコゲンという並びが存在したことを知りました。
ガルーラが環境トップなのは分かり切っていて、その取り巻きにも強く出られそうだったのでこれを軸に。

最初はゲッコウガに信用を置けなかったので、毒菱枠としてHB防塵ゴツメパルシェンを採用していました。
キノガッサに対し後投げから展開の起点にできるなど強かったのですが、
毒菱ゲンガーでイージーウィンできる相手に対して初手で安定して毒菱を撒けずに負けることがあり、
先発適正が高いゲッコウガを採用するに至りました。

過去の記事で見たのはワンウェポンが波乗りだったのですが、フェアリー(というかコケコ)が多い7世代のさかさでは
悪の波動の方が強いと思って差し替えました。ジャローダ対面では波乗りの方が強いので一長一短。

ゲンガーは2ウェポンはこれで確定として、ガルーラの猫を防ぐ守ると、
クレセやブラッキーを起点にできて毒の蓄積や安定行動として使える身代わりを採用しています。
特に身代わりが強いと感じる場面が多かったので正解でした。

取り巻きに関して、ガルーラはこのルール最強かつゲンガーの餌をいい感じに呼んでくれるので迷わず採用。
確実にゴツメ持ちが選出され、多くは特殊耐久が足りていないためゲンガーが通しやすくなります。
毒菱と相性が良く、相手のガルーラにも気持ち強い最速猫捨て身。

ガブリアスはコケコ以外のスカーフにはほぼ負けない最速スカーフにしました。
先発に置きやすく適当に削ってから引いて終盤で抜く動きが通常シングル以上に強く感じました。

パルシェンは初期のHBゴツメの名残で構築から抜けず、当時襷で破れたら勝てた試合が多かったため
変更してみたところかなりハマりました。ただ毒菱は1回も打たなかったので礫や波乗りなどでいいです。
最速を取っていることでコケコフェローチェ以外のスカーフ持ちで止まらなくなります。

ラッキーは全体的に前のめりなこの構築における唯一の引き先かつ詰め筋としての採用です。
さかさではこのポケモンの突破手段がかなり限られており、安定して活躍してくれました。
シングル流用ですがステロがたまに役立つ程度で、癒しの鈴などと差し替え可能だと思います。


選出パターン

・ゲコゲン@1

毒菱選出。ラストはガルーラ以外から1体。
ガブはゲンガーで倒し損ねた相手の掃除、パルはゲンガーを上から縛ってくるスカーフ持ちを起点に全抜き、
ラッキーは引き先かつ保険といった感じで使い分けていました。

・ガルガブ@1

対面選出。@1はラッキーかパルでラッキーはガブのための引き先、
パルは死に出しからの全抜きを狙って出します。

・ガブラキ@1

@1はパルかゲコ。意外と多かったメガなし選出。
スカガブがかなり通しやすいルールだったのでヒットアンドアウェイを繰り返して勝つ形。
打ち逃げが基本なのでここでドラゴンクローが活きてきます。



1841まで上げられたのはこのルールで強いガルーラを筆頭としたノーマル入りに対して
高い勝率を確保できたからだと思います。

そこから溶かしたのは、終盤の環境の変化として、構築で薄いマンダやヘラなどの
環境トップではないメガ入りとのマッチングが増えたのが原因だったと思います。
立ち回りで誤魔化せなくもなかったので1800を反復するくらいで落ち着いていて、
そこでやめていればよかったものをとうとう1800復帰もできず1650~1750をうろつく羽目になりました。
次さかさをやる機会があれば、環境の変化に対応するか、引き際を誤らないようにしたいです。
comment (0) @ 構築

3年間PCL関西予選に参加した感想

2017/08/13
S4ではたいした結果が出なかったので記事を書くことがなく、
だいぶご無沙汰していましたがむくれねこです。

ご存知の方が居たり居なかったりだと思うのですが、
自分は大学でポケモンサークルに所属していて、PCL(大学対抗の全国大会みたいなやつ)予選にも
1回生~3回生まで毎年出場してきました。

3年間で思うところもだいぶ変わったような、そして来年は出るか分からない気がするため
関西予選が全て終わったこのタイミングで記録として記事に残すことにしました。
途中から意識高そうな文章が入っているので飽きたりだるくなったら読むのやめてください。

追記から
comment (0) @ 日記

【SMシングル】二極化カビゲン

2017/05/29
69acf746cc767a23449b6a92a5be5aed.png

使用期間 4月中旬~5月末

サンムーンレーティングバトルシーズン3
最高・最終2142 18位 TN Einzbern
最高2112 最終2098 71位 TN S・Spencer・E

第12回R団運動会(チーム戦) 個人成績 予選4-1 トナメ2-0 ベスト4
第35回京大カップ 予選6-1 トナメ0-1 ベスト16
第3回真皇杯関西予選① 予選7-3 トナメ0-1 ベスト32

追記から
comment (9) @ 構築

サンムーンS3 レーティングバトル

2017/05/16
日記です。使った並びとかは一応書いてます。

シーズン3は事前に「メガけろまつさんが総合をやらない」という情報を得ていたので、
上位を目標とかではなく2ロム体制で本気で1位を狙いに行くことにしました。

一応この記事内では
メイン:S・Spencer・E
サブ:Einzbern としておきます。

そのためレートも前期の7700のような目安となる数字を目標として立てず、
2位よりも1でも高ければそれでいいというつもりで臨みました。

以下各ルールの感想です。

・シングル 

メイン:最高2112 最終2098 87勝37敗 71位
サブ:最高・最終2142 117勝54敗 18位

バンギラス ミニグライオンドヒドイデエアームドカビゴンゲンガー

早い段階で2ロム2000の状態を作り、最後の3日間で2100↑を目指して動かしました。
受けループ以外の軸について何も知識がない状態で、周りのシングル勢から聞いた軸を
軽くいじった結果満足のいく構築・数字が出せたのでとても感謝しています。
前期は2100に乗ったところでやめてしまったので、
今期は2100からガンガン潜ることができてとても楽しかったです。

構築記事は後日。


・ダブル 

メイン:最高1900 最終1812 144勝97敗 211位

いろいろ


サブ:最高・最終1906 53勝19敗 67位

バンギラス ミニドリュウズ ミニボーマンダ ミニギルガルドカプ・ブルルミトム ミニ

サブは前期と同じバンドリマンダで早い段階で1900に乗せて放置。
メインは1900から潜ることを意識して新しい構築を考えて試行錯誤していました。
主に使っていたのは雨エルゲンで、CHALKFに強いつもりで使っていたものの
択を作りがちで安定しなかったため一度1900に乗ってから1800を切るまでが早かったです。
そこからCHALKFを使ったり、QRを使ったりでなんとかして1800まで戻ってきたところで終わりました。
1900には二期連続で乗れているものの、まだ実力や理解は全く足りていないと痛感したので
きちんと勝てるように学んでいこうと思います。


・スペシャル

メイン:最高・最終1745 43勝21敗 19位
サブ:最高・最終1749 27勝8敗 16位

バシャーモ ミニドリュウズ ミニパルシェンラッキードヒドイデエアームド

※ハピナスの画像がなかったのでラッキーで代用

まずルール自体は「持ち物がZクリスタルのみの63シングル」でした。
単純に強くて数が多いであろうポケモンとしてミミッキュ、カプ・コケコ、フェローチェなどが浮かんだので
その辺を上から制圧できるバトンバシャーモ+型破りドリュウズの形で組みました。
この2体だと地面の一貫があるので、基本選出のあと1枠としてパルシェンを採用しました。
残りはバトン積みで崩せない相手に対して詰ませを狙う受け回しに。

完成度は高くないですし飽きたらQR使ったりして遊びながら1750付近で2ロムとも撤退しました。
1800近くまで伸ばしている人はほんの一部でしたし、その自信もなかったのでこれで正解だったと思います。


・WCS

メイン:最高・最終1855 45勝20敗 79位
サブ:最高・最終1851 69勝40敗 87位

カプ・コケコキュウコンRウインディポリゴン2ギガイアス

※ライチュウAの画像がなかったので省略

【サンムーン・WCS2017】エレキボール眼鏡カプ・コケコ入りビートダウン【シーズン2使用構築】

これをそのまま使用。流石にずっとQRだと検索されて負けるので途中で自分で個体を用意しました。
最初は前期の壁暗示ポリカビを使っていたのですが全くと言っていいほど勝てず、
EMOLGAMEのQRを手当たり次第試すなどかなり迷走していました。
そうこうしているうちに見つけたこの構築が気に入って使い続け、なんとか1850まで上げることができました。
ただ完全に上振れの結果で、もし溶けたとしたら戻せる自信がなかったのでそこで保存。
毎期勝てる構築を探しに行くところで苦労し、並み以下の成績で止めるのもあほらしいので
このルールもきちんと勝ち方を身につけておきたいです。



・総合 

メイン:最終7510 319勝175敗 4位
サブ:最終7648 266勝121敗 2位

シーズン3


~まとめ~

まず結果に満足しているかというと答えは否です。
もちろん最終2位、4位という結果は嬉しかったのですが、
それ以上に1位になれなかった悔しさが堪りませんでした。

前期は自分で設定した条件を守り、順位を上げることに拘らなかったのですが
今期は攻めること、1位を取ることを意識していたのにそれが全うできなかったことが悔しいです。

火曜日の3時半の更新で1位だった時に、2位のTerryのシングルを見て抜かれる可能性は十分にあると思っていました。
ただ、その時点で自信を持って潜れるルールがシングルしかなく、シングルのマッチングがひどいことを
メインロムで潜って知っていた自分にはそれがあまりにも怖くて、結局動かすことは出来ませんでした。

潜らなかったこと自体は後悔していません。
それよりも、最終日の伸びしろを3時半までで使い切ってしまったことが心残りです。
もう潜らないならもっと突き放せるようにしておくべきだった、ようするにシングル以外もっと頑張れって話ですね。

最終的に1位になったTerryは「シングルが苦手な総合勢」、
2位だった自分は「シングル以外も少しはできるシングル勢」だったということを思い知りました。

こんな浅い状態で惰性で毎期総合を続けても到底1位を取れるとは思えないので、
ダブル系統について自信が持てるまでは総合レートはお休みするつもりです。
今回下手に結果が出て調子に乗らずに済んだこと、Terryには感謝しています。


マイナス面のことばかり書いてきましたが、もちろんよかったこともありました。
一番嬉しかったのはシングル最終18位です。
2200には届かなかったものの、これのおかげである大会への参加権を獲得することができたからです。
他にも全ルール2桁順位でそのうち2つは10位台だったことなどたくさんあります。

あとはいつも通りお世話になった人について。
シングルでアイディアをくれたジェット、個体を貸してくれたりら。
総合で競う相手としてはそらりあ、ぬまうお、ちゃあじが身近にいてモチベーションが維持できました。
最終日直前に出たオフでは、初対面の人からいつも会う人まで、多くの人から頑張ってねと応援してもらえました。
そして、最後の3日間ずっと自分がDSとにらめっこしているのを見守っていてくれて、
自分と一緒に喜んで悲しんでくれたかいぬし。
みなさんのおかげで頑張ることができました、本当にありがとうございました!


気持ちの整理のため書いた駄文でしたが、ここまで読んでくださった方はありがとうございました。
少し休憩したら、また目標を立てて頑張ってみようと思います。

むくれねこ
comment (0) @ ポケモン

中折れは童貞卒業に含まれますか?

2017/04/08
てーきゅう9期

~前置き~

タイトルとトップ画像だけ見てわけわからんわってなったみなさん、どうもむくれねこです。
まず、ご存知(?)大人気アニメてーきゅうの9期が決定したようです。おめでとうございます。

一部の仲良い人は知ってる話なんですが、自分にはこのアニメにまつわる強烈な思い出があります。
9期も決定したことだし、ここらで便乗して記事にさせてもらうことにしました。
あと「てーきゅう事件ってなんですか?」って聞かれた時にいちいち説明するのが面倒。


①関係者の許可は取ってます
②ポケモン要素はほぼほぼありません、身内ネタ要素が強いです
③下世話な話なので閲覧は各自にお任せします
グソクムシャ←これはグソクムシャのアイコンです


追記から
comment (0) @ 日記